計測

応力頻度計測
疲れた橋の健康診断
応力頻度計測

特長

 物言わず働く橋などの構造物にも、無理はしていないか将来的にも大病の心配はないかの健康診断が必要です。

その有力な方法として応力頻度計測があります。これは実使用状態の応力を測定し、応力頻度分布を求め、疲労寿命解析などの安全性診断などに必要な測定・解析業務を実施するものです。

この測定方法の特徴として、通行・作業に支障を与えず長期間連続の測定もできます。

お問い合わせはこちら