検査

壁面自走式検査システム-VANDIT

 各種センサーを搭載し、遠隔操作で検査することができる走行システム。4個の強力な独立懸架方式マグネットローラで鋼板に吸着し、独立した左右2台のモータの回転方向や回転速度をコントロールすることで前進、後退、旋回並びに、方向変化を行うことができます。検査目的や板厚、表面状況や操作姿勢等から最適なセンサを搭載し、検査を実施します。

VANDIT01.jpg

特長

1.強力なマグネットローラとモータで、離れた箇所の肉厚測定や検査が足場なしで可能

2.各種のセンサを搭載可能

 ・超音波探触子を搭載し、離れた箇所の肉厚測定

 ・複数の超音波探触子を搭載し塔槽や煙突の腐食検査

 ・SLOFEC PipeScanのセンサを搭載しタンク側板の外面減肉を検出

 ・ビデオカメラ等を搭載し遠隔地の目視検査

3.検査技法や目的に合わせて20mm/sec~500mm/sec程度まで速度が可変

4.静止状態において、マグネットの吸着力は200Kg以上

VANDIT02.jpg
お問い合わせはこちら