検査

放射線画像処理システム-IP

 放射線量を蓄積できる鋭敏なイメージングプレート(IP)に放射線透過像を記憶させ、これを専用装置で読みとり、画像処理を行うことにより目視による判断を容易にすることができます。

特長

1.従来のフィルムより高感度であるため放射線量が低減でき、被ばく線量の低減、作業効率の改善、厚物への適

 用が可能になります

2.厚い部分(小線量)から薄い部分(大線量)まで1度に撮影することが可能です

3.画像処理をすることで、検査目的に合った画像が得られます

4.デジタル画像であるため保管に場所を取らない、また経年変化による劣化がありません

装置積載車両とその内部
IP02.jpg
お問い合わせはこちら