検査

三次元計測システム(光波距離計)

 各種プラント、橋梁、ビル、航空機等の大型構造物の位置寸法を三次元として計測し、従来の巻き尺等の二次元的計測で計測できなかった位置関係までも精度良く計測する手法です。

3D-Instrumentation01_1.jpg

特長

1.測量機と光波距離計を使用する三角測量

2.測量機の精度、測距儀の精度が重要

3.100m先の標準誤差・・・・前後1.0±0.1mm 、左右±0.25mm

適用例

1.円筒ホルダーの内面形状測定(足場不用)

2.球形ホルダーの脚柱傾斜の測定(足場不用)

3.斜張橋形状測定(載荷試験時の変位方向及び変化量の測定)

4.配管・ファイナルスプール形状測定(予長切断長さの測定)

5.タワー溶接補修時の倒れ測定

6.原子力発電所・圧力容器基礎アンカーボルト据え付け寸法測定

7.CRD交換装置旋回レールの水平度、新円度測定

8.その他原子力発電所建設時の各種寸法測定

お問い合わせはこちら