検査

超音波検査システム-TOFD

 TOFD(Time of Flight Diffraction)は、検出欠陥の深さ方向の寸法測定に最適の方法です。

pic_tofd001.jpg

特長

1.高精度のきず高さの測定が可能

2.リアルタイムで、きず画像を得ることができる

3.測定時間が高速化できる

原理

TOFD法では送信用探触子と受信用探触子の間隔を一定にした、二探触子を用いて、きずから発生する回折波の伝播時間差によりきずを検出する方法です。

pic_tofd002.jpg
装置外観
pic_tofd003.jpg
お問い合わせはこちら