検査

熱交換器チューブ検査システム-TC5700

 一般的にプラントの保守管理において、各種熱交換器のチューブを定期的に検査することが不可欠です。しかしながら、熱交換器にはその用途や運転条件により多種多様な材質のものが使用されていて、腐蝕状況もそれぞれにことなることから、その管理は難しいものとなっています。この熱交換器チューブ検査システム-TC5700は、その困難な管理の課題に答えるためのシステムです。

特長

 このシステムは1台で過流探傷検査(ETC)・リモートフィールド過流探傷検査(REFECT)・内挿式回転プローブ超音波検査(IRIS)などの検査方法があり、適用材料、検査対象面、評価方法、前処理などの違いにより選択することが可能です。

管端近傍の外面局部減肉のサンプル画像
お問い合わせはこちら