検査

パイプ腐食検査システム-SLOFEC Pipescan

 マグコントロール法(磁気飽和渦流探傷法の一種)を原理とする配管、タンク底板等の腐食検査システム。

SLOFEC Pipescanのセンサ部分は4個(LS150:8個)の渦流センサで検査範囲をカバーしており、一度の操作で約100mmの幅を検査することができます。また、操作速度は、500mm/sec程度と高速の検査が可能です。

Pipescan01.jpg

特長

1.全面検査のため局部的に発生している裏面腐食を捉えることが可能

2.検査速度の高速化

3.非接触のため前処理が清掃程度でよく、接触媒質も不用で後処理が簡便

4.表裏面の判別が可能で、表面腐蝕がある場合でも裏面腐蝕を捉えることができる

5.重大な腐食箇所を見落とすことが少ない

Pipescan02
お問い合わせはこちら