検査

目視検査

外観の様子を目で見て検査する方法(試験)です。表面上のキズや腐食、塗装状態や形状不良などの、ごく基本的な要素を見るためにおこないます。検査の基本といっても過言ではなく、目視の結果により、他の詳細な検査を適用する場合もあり、非常に大切な検査です。目視検査は人間の目だけを使って行いますから、一見、簡単な検査のように思いがちですが、状況を判断(その箇所が異常かどうか、追加でどのような検査を適用すればよいかなど)するためにはかなりの知識と経験が必要です。
適用
構造物、設備などの表面状態

お問い合わせはこちら

放射線検査

X線やγ線などの放射線の透過作用を利用して試験体中のキズを検出する試験方法です。放射線の進行方向に平行で、進行方向に奥行きのある内部キズの検出に優れている。例えば、ブローホールのような球状キズの検出に優れている。しかし、ラミネーションや傾きのある割れなどは、場合によっては検知できないこともあります。放射線透過試験は、上述のように内部キズの検出に優れており、平面的ではありますがキズ像として視覚に訴えることが可能で、エックス線フィルムによるキズ像の永久的記録も得られるため、記録性にも優れています。
適用
金属材料(鋳物、溶接部)、非金属材料の内部キズ

お問い合わせはこちら

超音波検査

超音波を利用し、主として反射法によって、内部キズを検出する方法です。具体的には試験体の表面 (探傷面)から超音波パルスを入射させ、試験体の底面やキズなどにより反射し、再び戻ってきた超音波パルスを受信します。反射して受信するまでの超音波の伝播時間から反射源の位置を求め、探触子の移動距離によって反射源の大きさ等の状況を推定します。超音波の進行方向に直角に広がりのある内部キズを検出しやすい。例えば、二枚割れ、ラミネーションのような平面キズの検出に優れている。
適用
金属材料(圧延材、鍛造材、溶接部、圧接部)、非金属材料の内部キズ

お問い合わせはこちら

磁気検査

鉄鋼材料などの強磁性体(磁石に強く引きつけられる物体)を磁化(磁気を帯びさせること)すれば試験体中に磁束の流れを生じ、これを妨げるようなキズが試験体表面または表面近傍に存在すると磁束の一部が表面に漏洩します。このことを利用してキズを検出する試験方法です。漏れ磁束の検出には種々の方法がありますが現状では磁粉(微細な鉄粉)を用いる方法が最も多い。疲労割れのような線状キズの検出能力が浸透探傷試験(PT)より優れているため、船舶・海洋構造物・各種化学プラント・各種機械類等の製造時のみならず供用中の検査にも使用されます。
適用
強磁性材料の表面または表面近傍のキズ

お問い合わせはこちら

浸透検査

液体の毛細管現象を利用した検査です。多孔質でない試験体の表面に開口したキズを容易に目視できるようにするために、浸透液を浸透させ、表面の余剰な浸透液を除去した後に現像液を塗布することにより、キズ内部の浸透液を吸い出し、拡大したキズ指示模様を形成させる方法で、鋼・アルミニューム・銅などの金属材料に限らず、セラミック、ガラス等の非金属材料にも適用可能です。通常、浸透液は鮮やかな赤色、現像液は白色をしているものが多く使われています。これは、白地に赤色という組み合わせが、コントラストが強く、人間の視覚に最も訴えかける、すなわち識別しやすい色の組み合わせであるためです。
電源や特別な装置を必要としないことから場所を選ばず、手軽な方法として表面 キズの検出によく利用されています。
適用
多孔質ない金属・非金属の表面開口キズ

お問い合わせはこちら

電磁誘導検査

電磁誘導原理によってキズを検出する試験方法です。これは導電性のある試験体の近くに交流を通じたコイルを接近させて、試験体中に渦電流を発生させ、その渦電流の変化を測定して、試験体の探傷試験、材質試験、形状・寸法試験などを行うものです。
製造時検査では、管材、棒材、線材に適用されています。保守検査では熱交換器の細管などに適用されています。磁性体材料の試験体に対し本試験方法を適用する場合には多くのノイズを生じることが知られています。この場合、磁気飽和という処理を行えば試験適用時のノイズを防止し非磁性体材料の試験時と同様の検査を行うことが可能となります。
適用
導電性材料の表層部のキズの検出、材質判別

お問い合わせはこちら

アンモニアリーク試験

試験体内へアンモニアガスを入れ、試験体の外へ漏れた微量のアンモニアガスにより試験体表面に摘要した検査剤が化学反応し、黄色から青紫色に変化するので、それを観察することによって漏れ箇所を検知する方法です。
適用
地下タンクのメンブレン継ぎ手部の貫通キズなどの検出

お問い合わせはこちら

金属組織の検査

金属で構成された構造物は、時間もしくは環境により劣化が起こり、また  高温で長く使用すると組織変化が起こる場合があります。このような状況を放置しておくと構造物の破壊を招きます。
  非破壊的な金属全般の組織観察法としてこのスンプ法があり、金属の一部の組織を現出させ、そのレプリカを作成することで顕微鏡観察が可能となり拡大した写真からは熱履歴や材料劣化程度等に関する情報が得られ、割れ発生状況評価・進展性評価などを推察する手段として良く用いられる方法です。破損した部品や構造部材の破面は、1)破壊形態(疲労破壊、静的破壊など)、2)破壊起点(疵、介在物、過大負荷、腐食など)、3)破壊方向・応力負荷方向・種類(曲げ応力、引張応力、ねじり応力など)、等の情報をもっています。破面を顕微鏡で観察することによって、その部品、部材がどのような原因で、どこから、どのように、なぜ破損したかを推察することができます。

お問い合わせはこちら