診断

土木構造物の現地調査

 首都高速や港湾の橋桁などの劣化調査を行います。
 (独)土木研究所構造物メンテナンス研究センターの維持管理関係(点検・調査)関連図書に記載されている 要領・マニュアルに従って調査します。

橋梁調査

適用
 ・既往資料の調査:台帳及び既存の定期点検結果の記録等を調査し,諸元及び損傷の状況や
  補修履歴等を把握
 ・現地踏査:点検方法や足場等の資機材の計画立案に必要な情報を得るための現地踏査
  交通状況や点検に伴う交通規制の方法等についても調査
 ・現地調査:必要な情報が得られるよう,点検する部位・部材に応じて,適切な項目(損傷の
  種類)に対して点検を実施
 ・対象とする項目(損傷の種類)
   鋼:腐食,亀裂,ゆるみ・脱落,破断,防食機能の劣化,遊間の異常,定着部の異常,
     異常な音・振動,異常なたわみ,変形・欠損
   コンクリート:ひびわれ,剥離・鉄筋露出,漏水・遊離石灰,抜け落ち,コンクリート
     補強材の損傷,床版ひびわれ,うき,遊間の異常,定着部の異常,変色・劣化,
     漏水・滞水,異常な音・振動,異常なたわみ,変形・欠損
 ・必要な点検機械・機器を携行し,点検項目に応じて適切な方法で実施


お問い合わせはこちら