診断

耐震診断

 1981年に改正された『新耐震設計法』が施行されましたが、それ以前の建物は安全基準を満たしておらず、早急に耐震診断を行い、必要に応じた補強を施す必要があります。
 今後起こりうる南海大地震や東海地震では、阪神・淡路大震災や東日本大震災以上の被害も予想され、建築物の耐震性強化が急がれています。
 弊社の耐震診断では、最先端技術を用いた現地調査に基づき、地震に対する安全性を正確に診断します。補強工事が必要な場合には、適切な補強方法をご提案します。
 診断調査および補強方法の提案に関しましては、お住まいの皆様および近隣の皆様の生活環境、リズムを最大限乱さない配慮を念頭に、『低騒音・低振動・低粉じん』をモットーとした調査方法、補強方法をご提案させていただきます。
主な予備調査項目
・建築物の概要や使用履歴,増改築,経年劣化,設計図書の有無
 等の内容確認
RC造・SRC造建物における主な調査項目
・材料特性の把握(コンクリート強度・中性化)
・構造きれつ及び変形の発生程度とその範囲
・変質、老朽化の程度とその範囲
・配筋状態と鉄筋断面、鉄筋の降伏強度の確認
S造建物における主な調査項目
・溶接部調査(超音波探傷器)
・図面照合
・部材寸法
・接合部調査(ボルト、リベットなど)
・外観劣化



阪神・淡路大震災 ビルの損壊の様子(神戸市役所)

阪神・淡路大震災 ビルの損壊の様子 三宮駅周辺(神戸市中央区)

お問い合わせはこちら