診断

建築物・土木構造物の調査を行い、その健全性を診断いたします。

技術部門との連係のもと、非破壊・微破壊検査によって得られたデータを精査し、健全性を診断します。
パンフレットダウンロード

調査・診断

耐震診断とは、旧耐震基準(1981年以前)で設計された既存の建物が、現行の構造基準(新耐震基準)を満足しているかを調査・確認することです。必要に応じて補強を施す必要があります。また、新耐震基準で建てられた建物に於いても劣化等が懸念される場合は耐震診断をお勧めします。
目視による観察や検査機器を使用して、コンクリートや鉄骨などの劣化状況を調査します。
火災により劣化したコンクリートや部材を調査して被害等級を判別します。
橋梁等の調査項目を協議に従って、安全かつ迅速に実施いたします。